/* 斜体表示を蛍光ペン(ピンク)風に */

転職エージェントとは?転職サイトとの違いを知って賢く活用

転職エージェントって何?
転職サイトと何が違うの?

転職活動を始めるとこんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこでそんな疑問を解決する「転職エージェントと転職サイトの違い」「転職エージェントの仕組み」をお伝えしたいと思います。

転職エージェントのメリットを知って上手く活用すると、転職活動を有利に運ぶことができますよ。 

 

転職エージェントとは?

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つです。

登録すると、これら全てのサービスを無料で受けることができます!

  • 転職相談
  • 求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日程調整
  • 年収交渉

書類の添削に面接対策、年収交渉までしてくれるの!?

そうなんです。
転職活動に不安がある方、初めての方には本当におすすめです。

こんな方に特におすすめです。

  • 自分の強み・弱みの棚卸の仕方が分からない
  • 書類や面接での自己アピールの仕方が分からない
  • 条件交渉が苦手

 

転職エージェントが無料な理由

そんな至れり尽くせりで、本当に全部無料?

転職エージェントは、求人を出した企業から紹介手数料という形でお金をもらっています。
そのため、転職希望者には一切費用が発生しない仕組みが成り立っているのです。

紹介手数料は、求職者が面接に通過し採用が決定すると発生します。
手数料の相場は、採用決定者の年収の35%となっています。

もしあなたが転職エージェントを利用して、年収400万円の会社へ転職が決まった場合、転職エージェントは「400万円の35%である140万円」を求人企業からもらうことができます。

だから、転職エージェントは転職希望者が選考に通過するよう全力でサポートしてくれるというわけです。

なるほど!
求人企業が紹介料を支払っているから、サービスの利用が無料なんですね。

 

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントの仕組みは分かったけど、転職サイトとは何が違うの?

決定的な違いは「担当アドバイザーがつくかつかないか」です。

転職エージェントを利用すると、以下のように応募から入社までの全ての過程で、プロの専属アドバイザーがサポートしてくれます。

  • 非公開求人の紹介と応募
  • 書類添削や面接アドバイス
  • 面接の日程調整
  • 年収や入社日の交渉

したがって「担当アドバイザーのサポートを受けながら、転職を確実に成功させたい方」に向いているサービスです。

 

一方、転職サイトは以下のような活動を全て1人で行います。

  • 求人検索と応募
  • 企業研究
  • 企業に合わせた書類作成と面接練習
  • 面接の日程調整
  • 年収や入社日の交渉

こちらは「1人で転職活動をしたい方」に向いているサービスです。

 

転職エージェントを使うと、担当アドバイザーから様々なアドバイスを受けられることはもちろん、転職活動での面倒な手続きを代行してもらうことができ、負担が軽くなりますよ。

 

転職エージェントを利用するメリット

ここまでも転職エージェントの魅力をお伝えしてきましたが、あらためてメリットをまとめてみました。

  1. 転職における応募から入社まで全ての活動をサポートしてもらえる
  2. 非公開求人を紹介してくれる
  3. 自分のキャリアや強みを引き出してくれる
  4. 日程調整や年収交渉など、企業に直接言いにくいことを代行してくれる
  5. サービスは全て無料

非公開求人について補足しておくと、

転職エージェントは多数の非公開求人を持っています。
企業が求人を非公開にする理由はいくつかありますが、その中に「応募が殺到することを避ける」「社外秘プロジェクトである」というものがあります。
つまりは、優良企業の人気職種であったり、決して公募されない求人が多いといえます。

ですので、非公開求人は、転職サイトを使って1人で転職活動をしていると出会えない求人です。

マッチする求人があるかを確認するだけでも転職エージェントに登録する価値はありますね。

 

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントにはいくつかデメリットもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

  1. 相性の悪い担当者がいる
  2. 強引に応募を迫られ転職に失敗することがある
  3. 転職エージェントとのやり取りのために時間を割く必要がある

転職エージェントは、応募者の入社が決定してはじめて紹介手数料を企業から受け取ることができます。
逆を言えば、採用が決まらない限り転職エージェントには1円もお金が入らないわけです。

担当アドバイザー自身も会社員ですから、ノルマやインセンティブなどを抱えています。そのため、中には自身の成績のために強引な転職サポートをする担当者がいないとは言い切れません。

もちろん、親身になって相談に乗り、応募者の立場に立って丁寧にサポートして、応募者と転職エージェント共にWin-Winな結果を導き出すアドバイザーが大半ですので、安心してください。

転職エージェントは、担当アドバイザーに当たり外れがあることは当然だと、あらかじめ理解しておけば問題ありません。 

もし相性の悪い担当者だったら?

素直に「担当変更」を依頼しても問題ありませんよ。 

 

転職エージェントを賢く活用する3つのポイント

転職エージェントのメリットとデメリットが分かったところで、それらを踏まえて最大限活用する3つのポイントです。

これらを押さえておくと、より効率よくストレスなく転職活動を進められます。

  1. 転職エージェントの初回面談前にこれまでのキャリアや希望を整理しておく
  2. 担当アドバイザーとの相性が合わない場合は変更を依頼する
  3. 複数の転職エージェントに登録する

各ポイントを見ていきましょう。

 

初回面談前にキャリアや希望を整理しておく

転職エージェントに登録すると、面談があります。

面談とは、これまでのキャリアの確認、希望職種や条件、転職活動の不安などのヒアリングです。

この面談で今後紹介してもらう企業が決まります!

ですので、この面談の最大の目的は「自分自身をしっかり理解してもらう」ことです。
それにより「より自分に適した優良な求人を担当者から引き出す」ことができます。

したがって、面談前にキャリアの整理、成果、得意・不得意、転職の希望条件を整理しておきましょう。

 

担当アドバイザーとの相性が合わない場合は変更を依頼する

転職エージェントのデメリットの1つ「担当者との相性や当たり外れ」。

もし相性が合わないと感じたら、そういうこともあると冷静に受け止めて、遠慮なく担当変更を依頼しましょう。

その後の転職活動が不利になったりもしませんので、安心してください。

ただし、あくまで冷静に丁寧に依頼しましょう。クレーマーにならないようにだけ注意です。

相性の良くない担当者との転職活動は、なかなか上手くいきませんしストレスも大きくなりますので、我慢しなくて大丈夫ですよ。

 

複数の転職エージェントに登録する

複数の転職エージェントに登録しておくと良い理由はこちらです。

  • 求人を比較検討できる
  • 各社の担当アドバイザーを見比べることができる

転職エージェントごとに扱う求人も違いますから、より自分に合った条件の良い求人を比較検討することができます。

また、初めて転職エージェントのアドバイザーに会っただけでは、相性やサポートの良し悪しについて判断の仕方が分からないと思います。

そこで、2社、3社と登録して面談してみることで比べることができ、自分に合った転職エージェントや担当アドバイザーを決めることができます。

面倒かもしれませんが、最初に複数同時に登録しておくことで、自分にぴったりの担当者や求人に早く出会えて、結果、転職成功の近道になりますよ。

 

おすすめ転職エージェント5選!

転職エージェントを使うと、無料で多くのサポートも受けられて、世間には出ていない非公開求人も紹介してもらえるなら、登録しない手はないですね。

そうなんです。それでは、特におすすめの求人数が多い大手転職エージェントを5社ご紹介します。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda
  4. パソナキャリア
  5. JACリクルーメント

各社の特徴を見ていきましょう。

 

リクルートエージェント 

公開求人数 109,035件
非公開求人数 145,510件
メリット 25万件以上の圧倒的な求人数
累計40万件以上の転職支援実績
40年以上の転職支援実績
デメリット × 稀に強引な担当者がいる
公式サイト https://www.r-agent.com/

業界最大手のリクルートエージェント

圧倒的な求人数で、幅広い業界・職種に対応できるため、選択肢には困りません。

転職を考える方がまずは登録しておきたい1社です。

 

マイナビエージェント

公開求人数  24,884件
非公開求人数 120,000件
メリット 全業種、職種を網羅
マイナビエージェントだけの独占求人がある
若手の転職に強い
デメリット × 30代後半以降の求人は少なくなる
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

こちらも業界大手のマイナビエージェント

独占求人を持つことで有名です。

マイナビエージェントの求人数のうち、約80%が非公開求人です。 

マッチする求人があるかを確認するだけでも登録する価値のある転職エージェントです。

人生のステップアップになる転職が叶うかもしれませんね。

 

dodaデューダ

公開求人数 77,718件
非公開求人数 40,000件
メリット 求人数は10万件以上の業界2位
転職サイト、スカウトも同時に使える
デメリット × 質の悪い求人が存在するという口コミがある
公式サイト https://doda.jp/

業界2位の求人数を誇るdoda

通常の転職エージェントは「エージェント」サービスの提供のみですが、
dodaは「転職サイト」「転職エージェント」「スカウトサービス」これらのサービスを同時に受けることができます。
したがって、
・公開求人から自分で探す
・非公開求人を紹介してもらう
・自動で届くスカウトメール
これら3つの方法で求人を探すことができます。
もちろん、ご自身で見つけた求人でも担当アドバイザーからのサポートを受けることが可能です。

転職サポートも受けたい
より多くの求人から比較検討したい
自分の市場価値も知りたい
これら全てを満たしたい方には、贅沢な転職活動ができるでしょう。

 

パソナキャリア

公開求人数 32,095件
非公開求人数 25,000件
メリット 求人の質が高い
手厚いサポートとフォローに定評
女性の転職が得意
デメリット × 求人件数が大手よりは少ない
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/

人材派遣業界2位の「パソナ」が運営する転職エージェント

16,000社以上との取引、25万人以上の転職支援のノウハウを持つ信頼できる転職エージェントです。

オリコン顧客満足度3年連続1位が証明する通り、サポートの丁寧さや親切なフォローに定評があります。

また女性の転職も得意としています。

転職が初めての方、転職が不安な方には特におすすめです。

 

JACリクルーメント

公開求人数 6,000件
非公開求人数 9,000件
メリット 35歳以上のハイキャリア案件に特化
専門職、技術職の転職サポートに強い
外資系、海外進出企業の転職サポートに強い
デメリット × スキルに満たない登録者にはドライ対応
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/

ロンドンが発祥で、
外資系企業や海外進出企業への転職支援で実績を重ねてきた日系転職エージェント

35歳以上の技術職、専門職、管理職のハイキャリア案件を専門としています。

そのため、案件に沿わない応募者に対しては分かりやすくドライな対応となるシビアな一面もあるようです。 

キャリアやスキルに自身のある方、海外志望の方にとっては、貴重な転職エージェントですので、活用されることをおすすめします。

 

以上、おすすめの転職エージェント5社をご紹介しました。

どこも良さそうで迷うなぁ・・・

迷ったらまずは「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」
この2社に登録することをおすすめします。  

この2社がおすすめなのはどうして?